HOME > MOTE > 製品 > MoteWorks                                       Crossbow Japan


MoteWorks クロスボー センサネット統合ソフトウェア
archtecture
無線センサネットワーク概念
MoteWorksの販売・サポートは終了しております。下記は情報として残しております。
「MoteWorks」 は無線センサネットワークで先端を走るクロスボーがその技術力・経験と稼動実績にもとづき、無線センサネットワークや無線分散ネットワークの構築と運用、 カスタマイズや開発に必要なソフトすべてをパッケージした統合ソフトウェアです。既成のフリーソフトMoteViewにバンドルされたセンサネットレイヤやサーバレイヤなどをカスタマイズできるAPIを提供します。

センサノードソフトの「XMesh」をはじめ、ネットワークサーバソフト「XServe」、クライアントソフト「MoteView」に数々の新機能やツールが含まれており、 センサネットワークを使ったさまざまなビジネス、プロジェクトにソリューションを提供できます。
MoteWorks の新機能
XOtap: 無線ネットワーク経由でノードのプログラム更新。これによって運用コストが削減できる。
LP: 中継機能を持ったノードでも長期間電池駆動可能(IEEE802.15.4 準拠ノードを含む)
ELP:末端ノード専用極省電力モード
Downstream:基地局から特定ノードへの最適通信経路確保
End-to-End ACK (QoS):中継ノード を介したノード間での受信確認・再送機構。ネットワーク信頼性向上をもたらす。
XSniffer:各ノード間の通信パケット表示など ネットワーク状況をモニタするGUI アプリケーション。ネットワークデバッグ効率が向上する。

MoteWorksの根幹はXMesh, XServe, MoteViewになります。 MoteWorksはWSNセット等のCDに同梱されていますが、質問はお受けできません。

XMeshとは
 クロスボーが開発した無線センサネットワーク用のノード間プロトコルスタックです。MoteWorksにはXMeshのバイナリコンポーネントが含まれ センサノードアプリケーションはAPIを介してこれらの機能を利用できます。特長は:

◎末端ノードだけでなく中継ノードも電池駆動できるフルメッシュ・センサネットワーク。
◎アドホックによるネットワーク自律構築・自己修復機能。ノードの追加や消失に対しても自動対応。
◎頻繁に変化する無線通信状況に対しても、動的に最適経路を選択する。
◎上記のネットワークを経由してクロスボーの各種センサボードや一般センサからセンサ値を取得できる。

XServeとは
 クロスボーが開発した無線センサネットワーク用のサーバ(基地局)ソフトです。ネットワーク内の各ノードから送られてくるデータをパソコンに取り込み さまざまなインタフェースへ変換します。
MoteWorksにバイナリーパッケージが含まれ、PC上アプリケーションはさまざまなインタフェースを介してXServeの機能を利用できます。

MoteViewとは
 クロスボーが開発した無線センサネットワーク用のGUIアプリケーションです。XServeが出すセンサ値やノード状態のグラフ表示、ロギング、Eメール自動通報、パケット経路マップ、ノードへのプログラム書込み等の機能をもちます。


MoteWorks に含まれるもの

■    開発ツール: コンパイラ(gccクロスコンパイラ、nesCコンパイラ)などの各種ツールとそれらをWindowsで実行するためのcygwin、簡易IDEである Programmer’s Notepadなど。
■    センサノードソフトウェア: XMesh(バイナリ)やサンプルアプリケーション、各TinyOSソースツリー。(ネットワーク、MAC、PHY層はバイナリ)
■    PCソフトウェア: XServe(バイナリ)、XMeshの通信状況をモニタできるGUIアプリケーションである XSniffer。
■    マニュアル:TinyOSプログラミングの基礎や各種ツールの利用方法などをまとめた入門マニュアル、XMesh、XServeのAPIリファレンスを含む英文ユーザマニュアル。初期バージョン日本語マニュアルがございます。
日本語マニュアル 
■    サポートはありません。

MoteWorksに関するよ くあるご質問


Q1.TinyOSとは何ですか?
無線センサネットワーク用のOSです。UC Berkeleyで開発され現在はオープンソースプロジェクトとして世界中のソフトウェアエンジニアによって改良・機能拡張が行われています。 TinyOSは限られた資源下で高効率な処理を行えるように設計されており、メモリ(ワーキングメモリ、プログラム格納用フラッシュメモリ)、CPUパワー、 消費電力などを非常に小さく抑えることができます。

Q2.nesCとは何ですか?
TinyOSは省資源下での高効率処理を実現していますが、同時にソフトウェアの開発効率も高効率です。これを実現しているのが、TinyOS用のプログ ラミング言語であるnesCです。nesCはC言語を拡張したプログラミング言語であり、コンポーネントをソフトウェアモジュール単位としたオブジェクト 指向プログラミングを実現しています。




ページトップ      Mote Home Page

住友精密工業株式会社 センサネットワーク事業室
〒660-0891 兵庫県尼崎市扶桑町1-10

SmartDust, MoteWorks, MOTEは住友精密工業の登録商標です。CROSSBOWはCrossbow Technology, Inc.の登録商標です。ZigBeeは、Zigbee Allianceの登録商標です。商品名、商標、社名はそれぞれの所有者に帰属します。当社製品の販売先は事業者を想定しています。写真と現物は異なる場合があります。別途の個別契約が無い限り当社で TinyOSのサポート責は負いません:情報は上記のサイトなどでユーザーが入手することとします。Surge/Surge_Reliableはサポート対象外です。無線はいかなる場合も使用者の責任において電波法の範 囲内でお使いください。当製品の使用や改造、またその結果は使用者が全責任を追うものとし当社は一切の責任を負いません。仕様や情報は予告無く変更するこ とがあります。返品・無償修理はでハードウェア初期不良(出荷後2週間迄)が実証できる場合のみとさせていただきます。仕様は予告なく変更することがあり ます。輸出には許可 が必要です。当ウェブサイトの情報の正確さには限度がありその内容に当社は必ずしも責任を負うものではありません。TinyOSは使用許諾欄の範囲で主に オープンソースですが同OSの Xbowフォルダ下ほかCROSSBOWが著作権を有するソフトは CROSSBOW製ハードウェア上で使用する場合に限り使用できます(オープンソースではないものがあります)。MICAハードウェアと MoteWorksは CROSSBOWが権利を保持します。 

不許転載 (c) 2004-2014 住友精密工業株式会社
Mote Works プロトコル